優良の出会い系サイトでゲイの男と出会ったのだが、その数か月前に実はゲイ専門出会い系サイトを利用したことがある。あまり広く知られていないと思うが、ネットの検索エンジンで「ゲイ 出会い」と打ち込んで検索をすると、意外にも多くのゲイ専門出会い系サイトがあらわれる。その中で上位表示されたサイトを複数利用してみたのだが、どれもこれも会えないサイトばかりだ。ただお互いの希望が合わずに出会えなかったのなら話は分かる。お互い大人だから仕事も忙しいし、相手に求める条件もいろいろある。全ての出会いがうまくいくわけはない。

 

しかし、明らかにゲイ専門出会い系サイトの相手はサクラなのだ。初回の出会いなんて30分もあれば十分だ。初日からセックスしようとは俺だって思っていない。もちろん出来るに越したことはないが、まずは自己紹介や顔合わせ程度に会えればそれでいいんだ。しかし相手の男はずるずると予定を先延ばしにするしドタキャンするし、話のつじつまが合わなくなる時がある。しまいには約束の日に母親が死んでしまう始末だ。本当に死んでいたらこんなこと言うと申し訳ないが、明らかに実在する会員ではないのだ。誰が見たってそう思うだろう。どうせやるならもっと上手にやってくれと思う程、わかりやすいサクラなのだ。と言いながらもその男と会うために多額のサイト代を使ってしまったのは事実だから情けない。

 

それがたったひとつのサイトだったらまだ納得できる。たまたま悪徳サイトにあたってしまったんだと自分を責めることが出来る。しかし複数登録したサイトのすべてが同じような手口で騙してくるのだ。ゲイ専門出会い系サイトはどれも悪徳サイトだと言わざるをえない。