援助交際や児童買春といった未成年に対する犯罪をニュースなどで見かけることがよくある。同じ子供をもつ親として、そんな大人がいること自体が信じられない。性癖は人それぞれだが、未成年を性の対象にして幼い心に傷をつけるなんて、決して許せることではない。そんな大人はまさに下衆の極みだと言えるだろう。しかし他人ごとではないのだ。自分の子供を守ることには多くの親が意識するが、自分が加害者になるかもしれないという事をもっと意識しなければならない。ゲイ掲示板サイトはその原因になりかねないから注意が必要だ。

 

「ゲイ 出会い」と検索をすると多くのゲイ掲示板サイトがあらわれる。いずれのサイトも誰もが利用できる簡単なシステムになっている。そのため未成年の書き込みもかなり目立つ。しかもお友達を募集しているわけではなく、同性愛に目覚めたばかりの未成年が、体を目的として書き込みをしているのだ。俺も大学生の時に目覚めたから偉そうなことは言えないのだが、俺の場合はちゃんと成人していて自分の責任において先輩と体の関係を持った。しかしまだまだ幼い未成年が掲示板に体目的で書き込みをしているのだ。

 

万が一そのような未成年と性的関係を持ってしまったら、自分が児童買春の加害者となって罪を償うことになる。妻や子供にも迷惑がかかるし職も失うだろう。世間から軽蔑の目で見られ、その先の人生立ち直ることは難しくなるだろう。それに相手の親御さんの気持ちを考えたらいたたまれない。同じ親としてそれだけは決してしてはいけない。

 

しかし年齢を偽ることだって簡単だ。未成年だと最初から分かればこちらも警戒できるが、年齢を偽られたら防ぎようがない。もしもの事を考えたら、やはりゲイ掲示板サイトは手を出してはいけないような気がしてならない。いくら出会いが欲しくても。