結婚前はゲイの男との出会いは結構あった。俺は営業職なので出張も多く、よく東京の新宿のビジネスホテルに宿泊していた。新宿に泊まったとなったら普通の男はキャバクラや風俗に遊びに行くものだが、俺は新宿二丁目のゲイバーに足しげく通った。もちろん普通に酒を飲むだけのバーもあるが、中にはその場で良い男をお持ち帰りできるバーもあったので、そういう店を調べ上げてよく通った。そして若くて粒々しい肉体の男を見繕って、そのまま体の関係を持っていた。

 

しかし上司の薦めでお見合いをして妻と結婚してからは、そのような場所には一切足を運んでいない。もちろん出張も多いのだが、誰かに目撃されでもしたら家族や会社にもばれてしまう。それに小遣い制になってしまったので、頻繁に通う程の金銭的余裕もなくなってしまった。そんなこんなで結婚後はゲイの男との出会いは皆無になってしまった。

 

男と二人で歩いているところを目撃されても、仕事の関係の人だと言えば何も問題はない。しかし新宿二丁目のバーで寄り添っているところを目撃されたら、言い訳のしようがない。いくらゲイの男と関係を持ちたいと思っていても、家庭を壊す気は毛頭ないし離婚されてしまったらこの先生きていけない。そう考えるとゲイが集まる場所からは、どうしても足が遠のいてしまう。

 

それでは全く出会いはない。だけどもゲイの男と体の関係を持ちたいという欲望だけは抑えきれない。そんな悩みを抱えながらも平凡な日常は毎日繰り返されていく。

 

そんなある日、優良と呼ばれる出会い系サイトを知り、そこで知り合ったゲイの男と体の関係を持つことが出来た。それ以来、妻に内緒で浮気相手と度々体を重ね合わせている。浮気相手が男だというのもなんだか変だが、やはりゲイの男とのセックスは妻とのセックスよりも興奮するので最高だ。