悪徳出会い系サイトというのは、本当にすごい仕組みで成り立っていることが分かる。実際に身をもって体験しているから尚更よくわかる。サクラという存在も、誰が思いついたか知らないが、その才能をもっと違うところで発揮でいないのかと思う程よくできている。多くの人間が騙されてしまうのも頷ける。その中でも無料の出会い系サイトの仕組みはかなり緻密に出来ている。おそらく無料で使えると言われれば多くの人間が利用することだろう。さらに俺のように出会い系サイトで多額の利用料を騙し取られた人間は、次はお金を取られないようにと無料の出会い系サイトに手を出したくなる。もしも出会いが実現できなくても金銭まで損をすることがないようにと考えるのは当然のことだ。しかしここに大きな落とし穴が存在する。

 

無料と言われれば一銭たりともお金が掛からないと思う。当たり前のことだ。日本人なら無料の意味は分かる。しかし無料の出会い系サイトというのは本当は無料ではないのだ。絵利用を開始すると繋がっている有料の悪徳サイトに自動登録されていて、知らない間に利用料金が発生する仕組みになっている。もちろん使ってもいないものだから払う義務はないのだが、いきなり多額の請求が来れば誰しも驚き不安になるだろう。さらに支払いをしなければ家や職場まで取り立てに行くというのだ。そんな言葉で煽られれば、多くの人間が泣き寝入りしてお金を払ってしまう。しかしよく考えれば、住所を登録したわけでもなく、職場も教えた覚えはない。実名だって知られていないはずだ。だから取り立てに来ることなんてあるわけがない。もしも来たとしても訴えられるのは悪徳サイトの方だ。自ら悪徳だと胸を張って自宅まで来るわけがないのだ。

 

このように悪徳サイトというのはじつに巧妙な仕組みで成り立っている。むやみやたらに利用すると被害にあうので気を付けた方がいい。ゲイ専門の出会い系サイトでも無料の物があるが、ゲイの男と一戦交えたいと思っても、決して手を出してはいけない。