最近LINEというものが流行っている。中年の俺でも利用しているのだから、今やなくてはならないインフラだと言ってもいいだろう。実際妻や子供と連絡を取るときにはLINEを主に使っているし、浮気相手のゲイ男とも、LINEを使ってやり取りしている。便利なものだから出会いの場でも上手に利用したいところだが、相手とLINEを交換するならまずは優良の出会い系サイトで知り合ってからするべきだと思う。

 

LINE掲示板というのがネット上に多く存在している。若い連中を中心に人気があるようだが、これにもゲイ掲示板サイトと同じような危険が潜んでいると思う。何しろLINE掲示板は優良サイトと違って本人確認や年齢確認がない。そのためどんな輩が閲覧しているかわからない。犯罪者?詐欺師?悪徳サイトの関係者?などなど悪だくみを考えている輩がきっと無数に存在しているはずだ。そんな場所に自分のLINEのIDを公開したら、おそらく危ない目に遭うのは必至だろう。それにLINE掲示板にゲイ目的の男がいるかどうかも分からないので、危ない橋を渡ったとしてもゲイ男と関係を持てるかどうかの保証はない。相手との目的が一致している優良出会い系サイトの方が高確率で関係を持つことが出来る。

 

それに規制に引っ掛かるので利用は控えたほうがよい。さすがここまで普及したLINE。安全面をちゃんと考慮した仕組みになっている。LINE掲示板でIDを公開すると、危険な目に遭う前にIDが無効になるようだ。無効になったら不便だが、悪用されるよりはましだ。そんな規約が出来るほど、LINE掲示板は危険だという事が分かる。規約をかいくぐる方法もあるらしいが、かいくぐればくぐるほど自分が危険にさらされるのでする必要は全くない。優良と呼ばれる出会い系サイトで知り合った信用出来る相手と交換するべきである。